助成制度SUBSIDY

定住促進奨励金制度
    1. 平成25年4月1日から平成31年3月31日までの間に新築住宅を取得(住宅の引き渡し又は建物の登記)し、定住した方(※ただし、既存住宅の建替えなどは対象となりません。)
    2. 5年以上続けて町外に住んでみえた方が、平成25年4月1日から平成31年3月31日までの間に、中古住宅を取得(住宅の引き渡し又は建物の登記)し、定住した方

    対象となる住宅

    • 住宅(玄関、居室、便所、浴室及び台所を有する1戸建て住宅)の新築、購入
    • 併用住宅(住居部分の面積が2分の1以上の場合に限る。)の新築、購入
    • 中古住宅(町外在住者に限る。)の購入
      ※その他対象となる条件がいくつかあります。
養老鉄道定期券購入助成制度
  • 町外から養老鉄道の駅周辺(駅から概ね1kmの範囲)で住宅を購入し、神戸町定住奨励金の交付決定を平成29年4月1日以降に受けた方と同一世帯の方(一世帯2人まで)
住宅改修助成金制度
  • 対象となる工事の目的

    1. 耐震補強工事と併せて行う住宅改修工事
    2. バリアフリー化(段差解消等)、省エネ化(断熱改修等)、環境対策工事(水洗工事)の工事及びその工事と併せて行う住宅改修工事
    3. 子育て世代又は三世代同居世帯が行う住宅改修工事
    4. 新たな多世代同居のために行う住宅改修工事
    5. 空家に住居するために行う住宅改修工事

    対象となる工事

    1. 対象となる工事費が50万円以上(消費税含)(工事種別の制限があります。)

      ※他の制度の補助金を受ける場合は、その金額を減じた額が50万円以上となる工事が対象です。

    2. 申請年度の4月1日以降の契約で着工前の工事、かつ、年度内に完成できる工事。
      (H27年度に限り、7月1日以降の契約となります。)

      ※その他対象となる条件がいくつもありますので、詳しくは下記にお問い合わせください。
      ※平成29年度、平成30年度に行う住宅改修工事が対象となります。

三世代同居支援奨励金
    • 平成28年4月1日から平成31年3月31日までの間に、親又は子が同一敷地で建築確認申請の手続きが必要な「離れ家」を増築(改築を含む)または「母家」の建替え(増築を含む)をして住宅を取得する方。
    • 上記期間内で親又は子及び孫が、住民票異動を伴う転居を行い、新たに親と子と孫が同居(住民票が同一世帯員となることが必要)をはじめる方。ただし、すでに三世代同居をしている場合は、交付対象としません。

    ※その他対象となる条件がいくつかありますので、詳しくはお問い合わせください。